GLOBAL BUDDHIST CONGREGATION 2011「国際仏教会議 2011

HOME > GBC_3 

1130日(水曜)

 
朝食後、スケジュールを確認すると8時半に出発との事。30分で慌ただしく出発準備をしてバスに乗り込む。バスはガンジー霊廟に到着。そこで、30分以上も待たされたあげく、ここではなく、ガンジーさんが最期を迎えた場所に行かなくてはならず、そこに到着した時には、すでにセレモニーは終了し、建物の中にはダライラマ法王が居ると言うが、そこに入る手立てがない。諦めかけていると、AsokaMissionの関係者が建物から出てきて、私を内部に引き入れてくれる。中に入れた途端、これで終了ということで、皆が出される中、AsokaMissionの住職が手を引っ張ってくれて、ダライラマ法王との2人だけの時間を、少しだけ共有する奇跡に恵まれる。交わした言葉は2言、3言ではあったが、法王の手は大きくて、温かかった。
 
ここから、AsokaMissionの車で、ネール公園へ移動して、ダライラマ法王と植樹祭に参加。ここでも、また握手をしていただく栄誉に恵まれる。日本の他の皆さんは、まだ到着しておらず、私だけがこんな栄誉に預かれてたいへん申し訳ないという気持ちと、皆さんとこの栄誉を共有するにはどうしたら良いのだろうと考える私であった。
 
一旦ホテルに戻り、昼食。2時半に集合して、閉会式の行われるAsokaHotelに移動、閉会式に臨む。3時よりダライラマ法王をお迎えして、閉会式が始まる。まず、各国代表による今回の国際仏教会議2011出席させていただいたことへのお礼、これからの方針などのスピーチがあり、我が日本代表として蓮華院誕生寺、川原英照師から東日本大震災に対しての各国へのお礼と共に挨拶をいただく。
 
最後にダライラマ法王より僧侶としての姿勢、一人の人間として、人々の幸せを願うなら、その世界を創りたいならそれは、人のこころにある事。知性も必要であるが、やはり重要なのは「こころ」である。こころにしか平和は存在しない。その為には自分自身がもっと勉強すべきである。それは人に正しい道を説く前に、自分が正しい道を歩まねばならない。上座であろうが、大乗であろうが、金剛乗であろうが、常に正しい修行の体系を維持していかなくてはならない。サンスクリット、パーリについてもお互いが交流して学ぶべきであると説かれました。
 
ホテルに戻り、皆さんと今日のダライラマ法王のお話を踏まえ、お話をした時、ダライラマ法王にお会いできたのは、素晴らしかったが、それ以上に、今回参加されたメンバーにお会いして、宗旨宗派の垣根のない所で、巡り合い、話し合えた事が一番の収穫ではないかと考えた。
 
そんな皆様に感謝しつつ、第一の目的である国際会議は無事終了。明日からいよいよ仏跡巡礼に旅立ち、第2章に移る。

11月30日(水曜)12月1日(木曜)

30_1.jpg11/30ガンジー霊廟 30_1._2jpg.jpg 30_2_2.jpg植樹祭 kuni_4.jpg川原英照師 30_3.jpg 1_1.jpg12/1/2011 1_2.jpg空港近くのホテル 1_5.jpgホテルスジャータ(ブッダガヤ)

121日(木曜)

 
6時チェックアウト、朝食後7時半、ホテルを出発してデリー空港へ。
空港に8時15分に到着して、すぐにトラブル発生。インドでは空港内に入れるのはチケットと身分証明書を持った人間のみ。そのE-チケットのコピーが関係者に届いておらず、なかなか中に入れて貰えない。すったもんだの挙句、入れたのは9時近く。それからチェックインをして荷物を入れてセキュティーを通ったのは出発時間をすでに過ぎていたが、幸いな事に出発が遅れたため、それはセーフ。無事に機上の人となった。
 
1時間ほどでバナラシ空港に到着。荷物もすべて大丈夫、日本のグループはバスが1台割り当てられ、空港近くのホテルで昼食。一路ブッダガヤを目指してバスはひた走る事となった。途中、トイレ休憩。なんとトイレが3つもある!(厳密に言うと4つ)以前の事を思うと、これは考えられない。トイレに鍵がないのは当たり前。それも途中のホテルだろうが、お店だろうが、1つあればいい方で、中には遠く離れた小屋がトイレだと言うので、行ってみるとそこには板が2枚、下の壊れた甕にするようになっていたりと、散々だったが、26年も経つと高速道路(?)は出来ているし、バイクは町中に溢れているし、バスは綺麗になっているし、携帯電話は普及し、おまけにボーダフォンのコマーシャルは至る所に貼ってあって、トイレもまた、しかりで、町の変化には驚かされるばかりである。
 
夜7時半、ブッダガヤ着。ここで2泊お世話になるホテルスジャータも近代的なホテル。聞くところによると、15年前に建てられたそうで、お湯も出て、ベッドも2つ確認出来た。今日からは森本師と同室。よろしくお願いします。夜なので、町の様子はわからないが、明朝が楽しみなような怖いような気がする。