HOME > 法話 

 

世界に蔓延する新型コロナウイルス感染症


     令和2年10月1日

 
令和元年12月、中国・武漢市から始まった新型コロナウイルス感染症。中国政府の初動封じ込めが失敗して、武漢市では令和2年1月、2月で患者が急激に増加、中国政府は新たな病院を数週間で建てるなど、武漢市を封鎖する手段に出ましたが、それでも感染拡大を止める事が出来ず、中国全土に拡大していきました。令和2年3月時点、中国での感染者数は81,000人、死者は3,200人に達しておりました。現在は武漢を封鎖して徹底的な防疫を行った結果、中国全土での感染者数は減ってきております。
 
中国から日本、韓国、台湾、東南アジア、オセアニアに拡がり、アメリカ大陸に拡大し、感染初期段階では日本、アメリカ、香港などでは、大型クルーズ船による感染が広がり、いつ、どこで、どのように下船してもらうかなど、大きな社会問題となっておりました。そしてヨーロッパ、中東、アフリカに拡大して、令和2年9月末現在で、スペインでは感染者75万人、死者31,000人。インドでは感染者614万人、死者96,000人。ロシアでは感染者117万人、死者20,000人。ブラジルでは感染者480万人、死者143,000人に達しております。
 
現在、感染者数No.1のアメリカでは、感染者720万人、死者21万人に到達しようとしております。アメリカでも最も感染者が多い、ニューヨーク市では8月に非常事態宣言が出されておりました。ここにきてまた感染者が増えて来ております。このように新型コロナウイルス感染症は、世界のほとんどの国や地域に拡がっており、感染者は3,345万人、死者は100万人に達しようとしております。もう、このお話ししている頃には、もっと多くの地域に拡がり、世界に5,000万人以上の感染者、200万の死者で溢れかえっているかもしれません。
 
このように世界に拡大し続ける新型コロナウイルス感染症、日本においては感染者82,500人、死者は1,580人です。(令和2年9月末)日本の人口からすると感染者が少なく、アメリカやヨーロッパに比較しても少ないように感じます。これは、アジア人という事と、私達は小さい頃からワクチンを接種し、予防接種などもして、独自の免疫を得ているのかもしれません。
 
9月頃から、新しいワクチンが開発されたと言う話が、中国、ロシア、英国、アメリカなどで伝わってきております。ロシアなどはすでに投与が始まっているようですが、はっきりとしません。日本も、多くの医療従事者や研究所が、新薬の開発を急いでおりますが、朗報は届いていません。
 
ただこれまで新型コロナウイルス感染症から回復した患者の血清から、抗ウイルス抗体を取り出すことに成功して、患者に投与する所まで進んで来ております。この方法は大きな機械を使ってとか、新しい機械を作製して取り出すという事でもないので、今後、たくさんの回復した患者さんから抗体を取りだしていただき、治療薬に繋げていっていただければと期待しております。
 
それにつけても、東京オリンピックが開催される予定であった今年、世界中に蔓延している、新型コロナウイルス感染症は、どうなっていくのでしょうか。日本政府、東京都、日本オリンピック組織委員会はIOCの指導の元、来年の開催に向けて、いろんな行事の簡素化や縮小を決めてそれに向って動き出しております。それは日本にとっても、世界のアスリートにとっても、大きな曲がり角となっております。
 
人間は大きな災害が起こるとそれに立ち向かい、時間の経過と共にそれを克服してきました。
白隠禅師の言葉に「南無地獄大菩薩」という言葉があります。「南無観世音菩薩」観世音菩薩の為に祈りますと同じように、南無地獄大菩薩の意味するところは「地獄に気いた人は少ない、地獄を脱した人はさらに少ない、しかし人の為に地獄に降り立った人は、尚一層少ない」という事で、人の為に自らが地獄に堕ちても尽くす人の何と少ない事か、現在は新型コロナウイルス感染症によって、多くの人が亡くなっております。片や多くの医療関係者が感染者の為に日々努力を行っております。この医療関係者は地獄の傍まで行っても、あきらめることなく感染者の為に尽くしてくれている。だから日本においてはこれだけの感染者数で納まり、死者で納まっているという事に繋がっています。
 
観光もそうですが、一般の市民生活にまで、新型コロナウイルス感染症の影響が出始めており、株価の乱高下、医療現場の崩壊、多くの企業の破綻、就職内定者の取消し、経済活動の委縮などがいたる所で起こっており、近日中に終息する可能性はほとんどありません。
 
しかしながら、2年以上も続くことになれば、日本経済のみならず、世界経済への影響も図りしれません。我々の真摯な祈りとお互いが信じるこころで、一日も早いワクチンと新薬の開発が成功し、新型コロナウイルス感染症の終息と、健全な経済活動の復活によって、安心のある社会と市民生活が戻ってきてくれる事を祈念しております。