GLOBAL BUDDHIST CONGREGATION 2011「国際仏教会議 2011」

インド旅雑記

11月30日(水曜)

30_1.jpg朝食後、スケジュールを確認すると8時半に出発との事。30分で慌ただしく出発準備をしてバスに乗り込む。バスはガンジー霊廟に到着。そこで、30分以上も待たされたあげく、ここではなく、ガンジーさんが最期を迎えた場所に行かなくてはならず、そこに到着した時には、すでにセレモニーは終了し、建物の中にはダライラマ法王が居ると言うが、そこに入る手立てがない。諦めかけていると、AsokaMissionの関係者が建物から出てきて、私を内部に引き入れてくれる。中に入れた途端、これで終了ということで、皆が出される中、AsokaMissionの住職が手を引っ張ってくれて、ダライラマ法王との2人だけの時間を、少しだけ共有する奇跡に恵まれる。交わした言葉は2言、3言ではあったが、法王の手は大きくて、温かかった。
kuni_1.jpg30_2.jpgkuni_2.jpg植樹祭ここから、AsokaMissionの車で、ネール公園へ移動して、ダライラマ法王と植樹祭に参加。ここでも、また握手をしていただく栄誉に恵まれる。日本の他の皆さんは、まだ到着しておらず、私だけがこんな栄誉に預かれてたいへん申し訳ないという気持ちと、皆さんとこの栄誉を共有するにはどうしたら良いのだろうと考える私であった。



kuni_4.jpg一旦ホテルに戻り、昼食。2時半に集合して、閉会式の行われるAsokaHotelに移動、閉会式に臨む。3時よりダライラマ法王をお迎えして、閉会式が始まる。まず、各国代表による今回の国際仏教会議2011出席させていただいたことへのお礼、これからの方針などのスピーチがあり、我が日本代表として蓮華院誕生寺、川原英照師から東日本大震災に対しての各国へのお礼と共に挨拶をいただく。
kuni_3.jpg最後にダライラマ法王より僧侶としての姿勢、一人の人間として、人々の幸せを願うなら、その世界を創りたいならそれは、人のこころにある事。知性も必要であるが、やはり重要なのは「こころ」である。こころにしか平和は存在しない。その為には自分自身がもっと勉強すべきである。それは人に正しい道を説く前に、自分が正しい道を歩まねばならない。上座であろうが、大乗であろうが、金剛乗であろうが、常に正しい修行の体系を維持していかなくてはならない。サンスクリット、パーリについてもお互いが交流して学ぶべきであると説かれました。

P1010631.jpgホテルに戻り、皆さんと今日のダライラマ法王のお話を踏まえ、お話をした時、ダライラマ法王にお会いできたのは、素晴らしかったが、それ以上に、今回参加されたメンバーにお会いして、宗旨宗派の垣根のない所で、巡り合い、話し合えた事が一番の収穫ではないかと考えた。

そんな皆様に感謝しつつ、第一の目的である国際会議は無事終了。明日からいよいよ仏跡巡礼に旅立ち、第2章に移る。

このページのTOPへ戻る⬆️

インド旅雑記TOPページへ戻る➡️

永明院サイトTOPへ➡️

11月27日(日曜)
開会式

11月28日(月曜)
講演会・歓迎式典

11月29日(火曜)
国立博物館・講演会・日本人夕食会

11月30日(水曜)
ダライラマ法王・植樹祭・閉会式

12月1日(木曜)
ブッダガヤへ移動する

12月2日(金曜)
ブッダガヤ
ナーランダー
霊鷲山

12月3日(土曜)
サールナート

12月4日(日曜)
ガンジス河